三線とは

沖縄の海辺を歩いてみる。田舎道を歩いてみる。するとどこからか懐かしい音が聞こえてくる。
オジーやオバーが奏でている三線の音である。家からこぼれてきた音色でさえ心地よい。
そんな三線の紹介をしていこうと思います。
三線は、弦楽器の一種で、沖縄県および琉球文化(沖縄音楽)を代表する楽器です。
音を出す胴の部分に蛇皮を張り、胴の尻から棹(さお/ソー)と呼ばれる棒に向けて三本の弦を張りわたして、弦を弾いて鳴らします。
弦楽器のなかでも特に撥弦楽器に分類されていて、琉球古典音楽や沖縄民謡から奄美民謡、ポップスに至るまで、多様に用いられています。
主にメロディ部分が奏でられることが多く、数え方は主に「本」「棹/竿(さお)」「挺/丁(ちょう)」などです。


古く琉球では、高価な蛇皮を張った三線(ジャフィバイサンシン)が豊かさの象徴であったと言えます。裕福な士族達は一本の原木から二丁の三線を製作し、夫婦三線(ミートゥサンシン)や飾り三線と称し漆塗りの箱に納め、丁重に床の間に飾る文化がありました。蛇皮に手が届かない庶民の青年達は、芭蕉の渋を紙に塗って強化した渋紙張りの三線(シブバイサンシン)を片手に毛遊び(モーアシビ)し、日頃の農作業の疲れを癒しました。NHK連続テレビ小説の「ちゅらさん」を発端とする沖縄ブームに伴い、沖縄音楽への興味は三線の普及と価格の低下へと繋がり、三線が楽器として周囲に認知される一因となりました。
現在では一本の棹に六本の弦を張った六線や、調弦の異なる双頭の棹をひとつの胴に挿したダブルネック三線、照屋林賢とESPとの共同開発による全く新しい電気三線チェレンや、コンピュータ上で楽しむ三線ソフト、iPhone・iPod touch上で演奏する三線アプリ等も見られます。
鳴る三線。鳴らない三線。三線の奏者達は、音が大きく良く響く三線を「鳴る」と表現しますが、三線の良し悪しは職人による経験が重視されているためか、胴内の増幅音と反響音による倍音効果、または棹や弦と胴の関係性など未だに科学的な根拠は明らかにされていません。
胴の面と棹の野面(音面)との角度を整えることを分当や部当(ブーアティ)といい、職人の技量によって音の響きは大きく変わります。
外国産の安い三線が楽器としてではなく、お手軽な沖縄土産として陳列されることに対して危惧する沖縄県内の三線職人の有志が集い、三線製作の技術向上と地域ブランド化、後進育成、品質の保全を目的とした沖縄県三線製作事業協同組合が発足され、平成22年3月31日に沖縄県より認可を受けました。

沖縄の海に近いゲストハウス

「ふくぎ家」は沖縄独特の古民家を使ったゲストハウスです。

珍しい古民家ゲストハウス:古民家ゲストハウス「ふくぎ家」への宿泊はいかがですか?海に近く、癒されながら沖縄を楽しんでください。

メキシコタコスの美味しい沖縄の店:本場メキシコタコスを沖縄で食べられます。沖縄名物のタコスをぜひご賞味あれ!

沖縄サボテンスマイルゲストハウス:沖縄で格安のゲストハウスに泊まってしかもバーベキューを楽しむことのできるサボテンスマイル

広大な海を肌で感じられる海のホテル

沖縄県北部の高級ホテル:屋上からの眺めは最高!癒しのプライベートホテル「今帰仁五邸」へのご宿泊はこちら